京都でタクシードライバーへ転職するメリットの一つは稼げる事

京都でタクシードライバーへ転職するメリットの一つは稼げる事

タクシードライバーへの転職は中高年はもちろん、20代30代の若年層からも人気があります。特に京都はタクシードライバーが活躍出来る地域として注目されています。今回は京都でタクシードライバーに転職した場合、どのようなメリットがあるのかについて調べてみました。様々な魅力を知る事で、ますます興味がわいてくるのではないでしょうか。

年収アップが期待出来る

タクシードライバーは、タクシーを利用する人がいてこそ稼ぐ事が出来る仕事です。つまり人があまりいない過疎地や、タクシーの利用頻度が少ない場所なら儲けも期待出来ません。

その点、京都には様々な観光名所があり、国内はもちろん海外からの旅行客も多いため、タクシーの需要が高い場所でもあります。そもそも京都の観光スポットは色々なエリアに分かれており、一つ一つ巡るには移動していかなければいけません。

バスや電車で向かう事も可能ですが、公共交通機関は時間が決まっており待ち時間が発生します。またレンタカーを利用する場合は駐車スペースが限られているため、駐車場を探すのにも一苦労です。つまり時間を無駄にせず、効率良く観光地巡りをしようとするなら、タクシーが非常に便利なのです。

実際、一日貸し切り状態でタクシーを利用する観光客も少なくありません。

また京都は夜も繁華街が賑わっています。夜遅い時間帯まで飲食を楽しむ人も多く、終電に乗り遅れた人はタクシーを利用する事になります。

日中は観光客、深夜は終電を逃した客へとターゲットは変わり、万遍なく乗客を捕まえる事が出来るのです。ちなみに深夜は通常より割増料金に設定されているため、短い時間でも効率良く稼げるメリットがあります。

タクシードライバーとしての技術力が向上する

京都は道幅が狭かったり、一方通行が多い地域です。細い路地に関して一方通行がほとんどで、京都の道に慣れていない人にとっては迷路のように感じられます。さらに観光客も多いので、土日や観光シーズンは当然のように道が混雑します。

そのため京都でタクシードライバーとして働く場合、運転技術や接客術を学ぶのはもちろん、地理にも詳しくならなければいけません。京都で人気の観光名所や、渋滞を避けるための裏道も熟知しておきたいものです。

慣れない頃はナビが必須で、目的地までたどり着くのに時間がかかり、乗客から注意を受けるかもしれません。ただ何度も京都の道を往復していると自然と覚えていくもので、自分なりに最短ルートを開拓していく事も出来ます。

日本の中でも運転が難しいとされる京都でタクシードライバーの仕事をしていると、必然的にドライバーとしての技術力も向上していきます。

京都の街に詳しくなる

京都には様々な寺院や史跡があります。神社仏閣好きであったり、歴史上の人物ゆかりの地めぐりをするために観光に訪れる人も多いです。

観光客をタクシーに乗せると、タクシードライバー自身も様々な観光スポットを巡る事になるため、あまり京都の街について知らなかった人でも、仕事を通じて詳しくなっていきます。ちなみにタクシードライバーは休憩時間を自分の好きなタイミングでとる事ができるので、昼食や夕食も好きな場所で食べられます。

仕事の合間を縫って気になるお店で食事をしていけば、京都のグルメに関しても知識豊富になります。実はタクシードライバーは乗客から食事の店について聞かれる事も多く、色々なお店に詳しくなる事は仕事にも活かせるのです。

たくさんの観光名所やグルメスポットに詳しくなれば、プライベートで家族や友達と京都で過ごす際は行動の幅が広げられます。

充実した福利厚生と教育制度

せっかく転職しようと仕事を辞めても、次の仕事が見つからなければ生活に支障をきたします。タクシー会社は比較的転職しやすい職場で、その中でも京都は多くの人がタクシーを利用する地域であるため、求人数も多くなります。

京都にはたくさんのタクシー会社があり、どの会社も人材を確保しようと努力しています。もちろん会社によって規模も違うので待遇面でバラつきはありますが、ライバル社に勝つために福利厚生面を充実させている会社も多いのです。

例えば他県から京都に出て働きたいと考えている人は、仕事を探すと同時に自分が生活する場所も見つけなければいけませんが、タクシー会社は寮を完備している所が多いので、自分で賃貸を探す必要はありません。寮の家賃は安く、職場近くにあるので出勤するにも便利です。