京都でタクシー乗務員に転職して失敗や後悔をしたケースから対策を考えよう

京都でタクシー乗務員に転職して失敗や後悔をしたケースから対策を考えよう

京都でタクシー乗務員に転職した人の中には成功している人もいれば、失敗して後悔している人もいます。
タクシー乗務員に興味を持っている人にとって、成功事例に学んで真似をするのも魅力的ですが、失敗した人と同じ道を歩まないようにするのも大切なことでしょう。

ここでは失敗や後悔をしたケースに基づき、どんな対策をしたら良いかをご紹介します。

稼ぎにくいタクシー会社を選んでしまった

京都でタクシー会社に転職して乗務員として働きたいと考える理由としてよくあるのが、頑張れば稼げるからというものです。
タクシー乗務員の給料は歩合制になっているため、売り上げを増やすことができれば年収は飛躍的に高くなります。

平均年収でも京都ではかなり高い水準になっていますが、あまり売り上げにこだわらずに働いている人もいるので、本気になれば全職種の平均年収を大幅に超えることも不可能ではありません。
しかし、転職してみると全然稼げなくて途方に暮れてしまったというケースは少なくないようです。

タクシー会社によって稼ぎやすいかどうかは大きく異なります。
例えば、京都では観光のためにタクシーを使うというケースがよくありますが、利用者がどのタクシー会社を選ぶかを考えてみましょう。

安心して利用できる大手を選びたいと考えるのはもっともなことですし、また実績が十分にあって希望を叶えてくれる会社に依頼しようと考えるのも妥当でしょう。
観光タクシーは単価が高いサービスですから、頻繁に観光タクシーの乗務員になれると稼ぎやすくなります。
このような視点が欠けていたために稼げずに悩む人も多いのが実態です。

また、歩合制になっていても歩合による給与がかなり少ない会社を選んでしまったというケースもあります。
売り上げのうちでどのくらいが給与に加算されるかは会社によって違っていて、半分にも満たないところもあるのが実情です。

高い歩合率になっていれば頑張るほど稼げるという実感も湧きやすく、仕事に対するモチベーションも上がるでしょう。
歩合率を気にかけずに転職先を決めてしまったために後悔する人は多いため、気をつけなければなりません。

新人に優しくない職場を選んでしまった

タクシー乗務員として働くのが初めての人が転職に失敗するパターンとして多いのが、新人に対して手厚いサポートをしている会社を選ばなかったというものです。
タクシー乗務員に転職してすぐに稼げるようになる人はあまりいません。

京都のランドマークや交通事情、地域情報などに詳しくなってガイドとして働けるようになることで、だんだんと乗客から喜ばれるタクシー乗務員になることができます。
そのための基本的な研修を受けられる仕組みになっているタクシー会社を選ばなかったために、いつまでも売り上げが出なくて困ってしまう人もいるので注意しましょう。

また、職場の雰囲気として新人を大切にしようという気持ちがあまりないケースもあります。
自分が稼ぐことを重視してしまい、競争しようという雰囲気ができている現場もあるのです。
完全に未経験の新人にとっては教えてくれる人がいないのは心細く、稼げないのに相談できる人もいなくて辛くなってしまうのは目に見えているでしょう。

新人を仲間として受け入れて協力していこうという雰囲気ができている職場を選ぶのは、タクシー乗務員になるときには欠かせないポイントです。

地の利を生かせない転職先にしてしまった

京都でタクシー乗務員になって後悔するケースとして、せっかく観光もビジネスも盛んな京都を舞台として選んだのにそのメリットを生かせないところに転職してしまったというものがあります。

観光客やビジネスパーソンを街中でうまく乗客として獲得できることもありますが、流しのタクシーをしていたり、付け待ちをしていたりするだけでは売り上げが伸び悩みがちです。
もっと稼いでいる人との違いは何かを調べてみたときに気づくのが、時間単価が高い仕事を担えていないということです。

関西国際空港などの送迎タクシーや京都街中の観光タクシーなどのように稼ぎやすい仕事はたくさんあります。
このようなサービスをしている会社を選ばなかったために、必死に働いているのにイマイチ稼げないのが悩みになってしまうこともあるのです。
特にベテランになってから失敗に気づくことが多いので、転職するときには十分に将来を考えるようにしましょう。

失敗して後悔しても次に生かす

京都でタクシー乗務員に転職して失敗して後悔することになってしまったとしても、決して諦める必要はありません。
実際に働いてみないとわからないことも多いことから、もっと稼げるタクシー会社があった、働きやすい環境が他にもあったと後悔することはよくあります。
そのような後悔の念が生まれてしまったときにはあらためて転職することを考えましょう。

最初のタクシー会社で積んだ経験を生かして次の会社で働けば、両方のノウハウを使って稼ぐことができます。
決して最初のキャリアが無駄になることはありませんから、転職先の選び方で失敗した場合にも前向きに捉えて次の一歩を踏み出すようにするのが大切です。