京都でタクシードライバーを目指すときは待遇をチェックしよう!安心して働ける会社の選び方を解説!

募集要項をチェックするときに最初に見ておきたいポイント3つ

タクシードライバーへの転職を考えている場合、求人の見極め方はぜひ知っておきたいところです。
安心して仕事ができるかどうかは、募集要項で紹介されている内容からだいたいイメージができます。

ここでは、京都でタクシードライバーを目指す人や京都のタクシードライバーの仕事に興味がある人に向けて、安心して働ける職場の選び方を解説します。

募集要項をチェックするときに最初に見ておきたいポイント3つ

タクシードライバーの求人を京都で探すときには、最初に募集要項をチェックする人が多いでしょう。
募集要項で最初に見ておきたいのが、ここで紹介する3つのポイントです。

業務内容
どのような仕事を担当するかは、初めに見ておきたいポイントです。
京都のタクシードライバーの場合、一般の送迎のほかに観光ガイドなどの仕事を任されるケースもあります。
実際、京都のタクシー会社にはドライバーがコースを作成し、観光スポットを案内するサービスを行っているところも見られます。

このような業務を任されることをあらかじめ知っていないと、入社してから慌てることにもなりかねません。
他にも、法人を顧客にしている役員付きのドライバーや介護タクシーの仕事などもあるため、しっかりと業務内容を確認しておきましょう。

給与
給与も、タクシー会社の選び方で重要なポイントのひとつです。
タクシー会社の給与体系は各社で違います。
安心して働ける職場かどうかを知りたいときは、固定給や給与保証の有無を見ておきましょう。

固定給があるタクシー会社は業績にかかわらず、一定の給与が保証されます。
そのため、未経験のドライバーの場合は給与保証の制度が設けられているタクシー会社を優先的に選ぶようにすると、安心して働ける職場と出会える可能性が高いでしょう。

勤務形態
京都のタクシードライバーの勤務形態は昼勤務、夜勤務、隔日勤務の3種類です。会社によってどのような勤務形態を取り入れているかは変わります。

昼間を中心に働きたい人は朝から夕方まで働く昼勤務、夕方から深夜まで働きたい人は夜勤務があるタクシー会社を選ぶと、自分のライフスタイルに合った働き方ができるでしょう。
複数の勤務形態が紹介されているときは、自分で好きなスタイルを選択できるかどうかをチェックします。

待遇面を詳しく見ると働きやすいかどうかが判断しやすい

募集要項で基本的な内容をチェックしたら、次は待遇面を詳しく見ていきます。
京都の場合も、働きやすいと評判のタクシー会社は待遇が手厚いことが多いです。
次のような待遇が紹介されていれば、入社後の働きやすさにも期待が持てるでしょう。

充実した休暇制度
正社員のタクシードライバーの場合、通常の週休のほかにさまざまな休暇制度が用意されているケースが少なくありません。
休暇の種類が多いタクシー会社は、ドライバーの福利厚生に気を配っている可能性が高いです。

年次有給休暇や慶弔休暇はもちろんですが、育児休暇や介護休暇、生理休暇などがあると男性、女性を問わず安心して働けるでしょう。
休暇の取得実績も見ておくと安心です。

各種手当
給与以外の手当が多い会社も働きやすいことが多いです。
指名手当などがあれば、自分を指名してくれた顧客がいるときにプラスアルファの手当が支給されます。
また、資格取得手当を用意しているタクシー会社は、スキルアップで給与の額を上げていくことも可能です。

教育や研修制度
教育や研修制度が用意されている会社は、一般的にタクシードライバーのスキルアップに力を入れています。
会社側が優秀なドライバーを育てていこうという意識を持っていることが多いため、モチベーションを高めながら働ける環境が期待できます。

外国人の観光客が多い京都で働く場合、語学のレッスンや留学制度などがあれば、大幅なキャリアアップも夢ではなくなるでしょう。

スタッフの生の声も参考になる

募集要項をひと通り見た後は、公式サイトの内容もチェックしておきましょう。
公式サイトには、実際にそのタクシー会社で働くドライバーの声が掲載されているケースがあります。
入社をした経緯や毎日の仕事で感じていることなどが紹介されているときは、会社を選ぶときの参考にできます。

1日の勤務スケジュールから仕事の進め方が把握できる
1日の勤務スケジュールが掲載されている場合は、仕事の進め方や帰社までの流れが確認できます。
仕事のペースや残業が発生しやすいかなどは、募集要項だけでは今一つわからないことがあります。
スケジュールがチェックできれば、無理のない働き方ができる職場かどうかがイメージしやすくなるでしょう。

体験談からは仕事の面白さがわかることが多い
思い出に残ったエピソードなどから、京都で働くタクシードライバーの仕事の面白さがわかることがあります。
「仕事がきっかけで歴史に興味を持つようになった」などの体験が紹介されているときは、内容を参考にしてみましょう。

注意をしたいタクシー会社の特徴

京都のようにタクシーのニーズが高い地域には、さまざまなタクシー会社があります。
安心して働ける職場を探すときに少し注意をしたいのが、次のような特徴を持つタクシー会社です。

給与の金額が極端に高い
募集要項で紹介されている給与の金額が他社と比べて極端に高いときは、内訳などをよく見て給与体系を確認してみた方が良いかもしれません。
タクシー会社には、条件つきの高給与を提示して待遇の良さをアピールするところもあります。
額面の給与が本当に受け取れるのかどうかを確認しておくことが大切です。

経費の全額がドライバーの負担
車両のガソリン代や高速道路の利用料金などがすべてドライバーの負担になる会社も少し注意が必要です。
こういったタクシー会社で働く場合、自腹を切って経費を負担する必要が出てきます。
社員割引などがないときは全額自己負担になるため、実質的な給与は額面よりも少なくなることが多いです。

厳しいノルマがある
ノルマを達成しないと給与が保証されないタクシー会社も入社してからストレスを感じる恐れがあります。
この手の会社では、常にノルマというプレッシャーを抱えながら勤務をしなければなりません。
未経験のドライバーはノルマを達成するのが難しいケースもあるため、特に注意をしましょう。