京都エリアで安心して働ける待遇のタクシードライバー求人・会社の選び方は?

京都エリアで安心して働ける待遇のタクシードライバー求人・会社の選び方は?

京都は日本を代表する観光地として世界的に人気が高く、公共交通機関に関してはバスがメインとなっています。
しかしながら、バスは本数が多くどれに乗ればいいのかわかりにくいです。
そのような理由もあって観光客を中心にタクシーの需要も高いです。

しかし、タクシードライバーとして働くなら少しでも稼げる企業で働きたいでしょう。
こでここでは京都エリアで安心して働けるタクシードライバー求人の探し方を紹介します。

タクシードライバーの給与形態

タクシードライバーの給与形態は原則基本給+歩合制となっています。
そのため、タクシードライバーの仕事は経験が浅くても頑張り次第で稼げると言えるでしょう。
タクシードライバーの基本給は大体18万円程度であることが多く、安定した生活を送りたいなら着実に稼げるタクシードライバーを目指す必要があります。

タクシードライバーの全国的な平均年収は275万円程度と言われています。
それに対して京都のタクシードライバーの平均年収は342万円と全国平均より高い傾向があり、京都は稼げるタクシードライバーを目指すにあたって良い環境と言えるでしょう。

京都の交通事情

京都は他の観光地と比べて少し特殊で電車の種類が少なく、電車だけで向かうことができる観光スポットは少ないです。
そのため、京都観光をする際にはバスがメインとなります。
しかし、京都はバスの本数が多すぎる故に観光の際にどのバスに乗れば良いかわからなくなる観光客は多いです。

それに紅葉を観に来る観光客が増える秋頃になるとバスを利用する観光客が増えすぎてバスが大幅に遅れることも多々あります。
また、京都の観光スポットは京都市内の中心地に集中しているわけでなく、バスでの移動にストレスを感じる人もいます。

それに加えて、京都市以外の京都エリアでは少子高齢化が進み、高齢者の移動手段としてタクシーが重宝されています。
そのため、高齢者向けの介護タクシーなども必要とされています。
このように京都府内では中心地でも郊外でも変わらずタクシーの需要が高いです。

したがって、京都府内ならどのエリアでも稼ぎやすいと言えるでしょう。

安心して働ける会社の選び方は?

タクシードライバーの仕事は時にブラックと言われることもあります。
しかし、しっかり会社を吟味したうえで転職すれば安心して働ける環境が整った会社に転職することも可能です。
そこで安心して働ける環境の会社を選ぶにあたって会社の規模をしっかりチェックしましょう。

やはり大手のタクシー会社はトラブルがあるとその後の利用者数や求人への応募者数に響くので、トラブルが無いように雇用者の安全が確保されています。
待遇に関しても良いことが多く、地元の小さな個人タクシーよりは大手の方が安心して働けるでしょう。

次に挙げられるタクシー会社の選び方のポイントには、給与保証制度があります。
やはり新人だと稼げるタクシードライバーになるにはどのような働き方をするのが良いかわからない人も多いです。

しかし、いきなり歩合制で働くことになると、稼げるタクシードライバーになるまでの生活費に困ってしまうこともあるでしょう。
そこで一部のタクシー会社では一定期間の給与を保証する制度が用意されています。

このようなタクシー会社ならタクシー業界未経験者でも安心してスキルを身に着け、稼げるタクシードライバーを目指せるでしょう。

より稼げるタクシードライバーになるには

京都だとタクシーは観光客の移動手段としてだけでなく地元の人たちの移動手段としても重宝されています。
それに京都は秋が稼ぎ時ではありますが、それ以外の時期も観光客が多く、常に稼ぎやすい環境が整っていると言えるでしょう。

そのため、運転以外のスキルを持っていなくても安定して稼ぐことができます。
しかし、それ以上に稼げる手段も存在しており、京都でさらに稼げるタクシードライバーを目指したいなら自分のスキルや資格を活かして働くという方法も良いでしょう。

京都は外国人観光客から人気が高いエリアなので、観光タクシーの需要が高いです。
観光タクシーとは京都周辺の観光地を利用者に案内するタクシーであり、京都の歴史に興味を持っている観光客から人気を集めています。

その中でも外国人観光客に英語で接客できるタクシードライバーの需要が高くなっており、英語を使う仕事をしていた、英語を学ぶことが好きなどといった人は観光タクシーのドライバーを目指すのも良いでしょう。
外国人向けの観光タクシーはスキルが必要な分通常のタクシードライバーよりも給与も高い傾向があり、稼ぎやすいです。

もう一つ需要があるのが介護タクシーです。
特に京都の郊外では高齢者が増えており、高齢者が施設に行くための移動手段として介護タクシーを取り扱うタクシー会社が増えています。
そこで介護福祉士など介護関連の資格を持っていれば介護タクシーの仕事にも活かすことが可能です。

一般的なタクシーの稼ぎ時は夜~深夜であり、昼夜逆転生活になってしまう人もいますが、介護タクシーの場合は介護施設の営業時間が朝~夕方であることから、稼働する時間もこの時間帯であり、規則正しい生活を送りながら資格を活かして働くことができます。

観光タクシーや介護タクシーなど様々なタクシーを展開しているタクシー会社は経営が安定している故に色々な事業に着手することができるという背景があるので、このように取り扱っているタクシーの種類が充実しているという点も安心して働けるタクシー会社を選ぶ際の基準にすると良いでしょう。