観光で有名な京都のタクシードライバーの求人に関する数字

観光で有名な京都のタクシードライバーの求人に関する数字

タクシードライバーになろうと考えている時には、選択する地域によって求人に関して違いがあります。
観光地として国内外から広く慕われている京都だったら、充実した仕事が出来るのではないでしょうか。

そこで、京都でタクシードライバーの求人に関する数字について解説します。
数字に注目してみると、意外なことがわかるかもしれません。

数字で見る京都でタクシードライバーをするメリット

タクシードライバーをするなら大都市と考えている人は多いのではないでしょうか。
ですが、日本には多くの大都市があります。

その中でも京都が特に需要が高いというのは、ランキングや観光に訪れた人数を見ても明らかです。
「Top30 Attractions in Japan by International Travelers 2019」で、1位を獲得したのは伏見稲荷大社です。
6年連続1位に輝いていることからも、海外からの注目度が非常に高いことがわかります。

また、その他にも7位に三十三間堂や金閣寺など京都の観光地が上位に上がっています。
また、京都市観光協会で行われた平成30年(2018年)外国人客宿泊状況調査によると、外国人の利用割合が43.9%と過去最高を更新するなど、これからも観光地として大いに発展する可能性が高いのです。

また、京都は修学旅行や会社の慰安旅行の地としても人気が高い場所です。
観光名所が多い東山エリアや、歴史に関する名所がある伏見エリア、華やかな芸者や舞妓達が歩く祇園エリアなどではタクシーを利用する人が多くいることが考えられます。

そして、多いのは観光客だけではありません。
令和元年(2019年)11月には京都の人口は258万3872人と前月に比べて732人の増加となりました。
京都でタクシードライバーの求人が多いのは、観光客だけではなく人口に関する数字にも注目することが大切なのです。

観光地でタクシードライバーをする心構え

京都でタクシードライバの求人が多い理由の中には、京都の交通事情も関係しています。
市内の名所に行くには、中心地からかなり離れていて、バスで移動となると約30分か1時間はかかる場所もあります。
観光客が慣れない土地でバス移動をするのは、かなり困難になる場合もあります。
タクシードライバーの需要が高いのは、京都の土地ならではの事情も関係しているのです。

ですが、京都でタクシードライバーをする時には、観光地ならではの心構えも必要になります。
それは、タクシードライバーとしてのスキルも大切ですが、観光に関する情報にも詳しくなる必要があるということです。

タクシーを利用する人の中には、名所巡りをするという人もたくさんいることでしょう。
その時に、名所について質問される可能性もあります。
その時に詳しい情報が分からないと、業務を続けていくのは難しい可能性もあります。

京都で人気の観光地といえば、世界遺産にも登録されている清水寺や金閣寺を始め、多くの神社仏閣やパワースポットがあり、おしゃれなカフェやショッピングモールなど観光客で賑わう場所は様々です。
タクシードライバーの求人に応募する時には、観光地の情報を事前に調べておくことも良いのではないでしょうか。

京都でタクシードライバーの魅力

京都でタクシードライバーをすることの魅力の一つには、給料に関することもあるのではないでしょうか。
タクシードライバーの給料というのは、基本給に歩合や手当てをプラスしたものです。
1日に乗せる客が多ければ多い程、収入が上がることが考えられるのです。

そして、京都ならではの魅力としては長距離を移動する客が多いということです。
名所がたくさんある京都をまわるために、1日貸し切りで利用する客もいます。
収入面でのアップが大いに期待することが出来るのです。

ですが、魅力はそれだけではありません。
地元の人や観光客、更には海外からの旅行者と様々な人を乗せることにより、コミュニケーション能力が上達したり、京都の複雑な道路を走行することで地理にも詳しくなる可能性があり、タクシードライバーとしてのスキルがたくさん身に付くと考えられます。

京都でタクシードライバーの求人を探す時には、その魅力について知っておくことも必要でしょう。

京都でタクシードライバーの求人を探す時の注意点

京都のタクシードライバーの求人は魅力やメリットがたくさんあります。
ですが、それだけではないということも知っておく必要があります。
それは、勤務する時間が不規則になる可能性があるということです。

特に、終電が終わる深夜の時間帯は利用者が増える可能性があります。
深夜の労働は体力的にも辛くなる可能性もあるので、求人情報を見る時には勤務時間帯について確認することが大切です。

そして、観光客が多い地域だからといって毎日必ず客が乗るかどうかはわかりません。
多くの客に乗ってもらうように自分で考えることも必要なのです。

タクシードライバーの求人を探す時には、新人研修など社員のサポートをしてくれる会社や、不規則な時間にも対応するために仮眠室を完備しているところなどを選ぶと良いでしょう。
また、万が一の時のための事故補償をしてくれる会社を選ぶことが大切です。

京都でタクシードライバーとして活躍するためには、そこには注意点もあるということを知ることが大切なのです。