足が悪くても楽しめる!車椅子でも楽しめるバリアフリーな夏の京都観光をしませんか?

足が悪くても楽しめる!車椅子でも楽しめるバリアフリーな夏の京都観光をしませんか?

高齢者や車椅子での生活を余儀なくされている方にとって、旅行に行きたくてもこの体では難しいと考えている方が多いでしょう。
しかし、実は車椅子の方でも、旅行を十分に楽しむことは可能です。

今回は、足が不自由な方でも、夏の京都観光を楽しめるエリアをご紹介します。

京都へ行く前に!京都観光の豆知識

車椅子の方や足が不自由な方でも、京都観光を十分に楽しむことができます。しかし、楽しめる京都観光を行うためには、事前に京都観光の豆知識を知っておく必要があります。豆知識を知っておくことで、現地で不自由にならず、より一層京都観光を楽しむことができます。

ひとつは、京都のほとんどの神社や仏閣には玉砂利が敷かれていると言う点です。車椅子の方にとって、玉砂利は車輪が足を取られてしまうため非常に進みづらく、大敵となる存在でもあります。中には、真ん中や端に歩道を設けているところもありますが、たいていの場所には玉砂利があります。こうした時は、車椅子を前向きではなく後ろ向きで進むことで解決できます。こうすることで、玉砂利の抵抗が少なくなり、進みやすくなりますので、現地の神社・仏閣を訪れた際はぜひ実践してみてください。

もうひとつは、京都の北山・東山エリアは坂道が多いという点です。北山エリアであれば、金閣寺や下鴨神社など、東山エリアであれば、銀閣寺や清水寺があるエリアで、京都でも人気の観光エリアとなっています。これらのエリアは山側に接しているため坂道が多く、車椅子の方や足が不自由な方にとっては少し大変なエリアでもあります。観光する場合は、目的地のなるべく近くまで車を付けてもらうことで解決できます。場所によっては、車で通ることができないところもありますので事前に確認するようにしましょう。

このように、京都のエリアによっては、車椅子の方や足の不自由な方にとって困難になる場合もありますので、これらの豆知識をぜひ参考にしてみてください。

夏の七夕は一見の価値あり!二条城

二条城は、京都の洛中エリアにある建造物です。近代に天皇と天皇のご家族の離宮として使用されており、京都を代表する観光スポットとして、毎日多くの観光客で賑わっています。1994年に世界遺産に登録されて以降、外国人観光客が非常に多いエリアにもなっており、日本で外国人がもっともよく訪れるスポットとしてランキングで常にトップ10に入っています。

そんな二条城ですが、夏の楽しめる京都観光スポットとしておすすめです。その理由は、二条城では夏限定で様々なイベントを行っているからです。まず、夏の間限定で開園時間を延長します。朝は45分早い8:00から、夜は3時間遅い18:00までと長い時間開園してくれます。夏の京都は非常に暑いため、朝や夕方の涼しい時間に観光できるのはメリットです。また、二条城では七夕のイベントも開催しており、様々なイベントやライトアップを行っていますのでおすすめです。

車椅子の方は、身体障害者手帳を提示することで、本人と介護者が無料になるため活用すると良いでしょう。また、城内には体が不自由な方向けのトイレがいくつか設置してありますので、係員に確認しましょう。二条城内では、東大手門から時計回りに進み、荘厳な唐門の奥にある二の丸御殿から入場しやすいので、こちらを利用してください。周りの庭園も、多少の段差はありますが、介護者がいれば十分に楽しめるスポットです。

車椅子の方にやさしい!平等院鳳凰堂

京都市郊外の宇治市にある平等院鳳凰堂は、平安時代に栄華を誇った藤原氏によって建立された寺院です。平安時代の建物や絵画、庭園や仏像などを現在に伝える貴重な場所として、多くの観光客が訪れる場所です。末法思想という、平安時代に流行った天国へ行くことを望む思想を伝える建造物としても有名で、きらびやかさ、華やかさを全面に出した観光スポットです。

車椅子や足の悪い方は、事前に申し込むことで平等院すぐ近くの駐車場を利用することができるため、移動がスムーズにできます。また、平等院へ行くための参道には、土産店・飲食店が多く立ち並んでいますので、気軽に立ち寄れるというのもメリットです。タクシーで平等院鳳凰堂を訪れる場合、近隣のおすすめスポットなどをドライバーさんに頼れるというタクシーのメリットを活用すると良いでしょう。

平等院鳳凰堂では、障害者手帳を提示することで、本人と介護者1人まで半額となりますので活用しましょう。園内は玉砂利が多く、車椅子での移動が若干困難ですので注意が必要です。しかし、平等院鳳凰堂では玉砂利をスムースに移動できる車椅子の用意があり、無料で使用できるので非常に便利です。美術品などを展示している鳳翔館は、バリアフリーとなっているためいくつになっても楽しめる旅を行える貴重なスポットと言えるでしょう。

夏のライトアップは必見!清水寺

京都に数多くある観光スポットの中でも、一番の人気を誇っている場所が清水寺です。東山エリアの音羽山に位置する寺院で、778年開基という古い歴史を持った寺院でもあります。もともとは北観音寺と呼ばれていましたが、境内に湧き出る水が神聖化され、「清水」が知られるようになり。清水寺に改められるようになりました。もっとも有名な場所が、「清水の舞台」と呼ばれる本堂でしょう。崖下からの高さは18mもあり、京都市内を一望できる絶景エリアでもあります。

清水寺では、夏の3日間限定で夜間ライトアップを実施しています。清水の舞台である本堂を始め、様々な建造物がライトによって色鮮やかに演出されます。清水の舞台から見る京都の夜景は非常に美しく、なかなか見ることができないスポットです。また、夏の清水寺を堪能するのであれば、早朝の散歩がてら観光することをオススメします。人通りが少なく涼しいため、いくつになっても楽しめる旅をしっかり演出できます。

清水寺周辺はバリアフリー化が進んでおり、足が悪くても楽しめるスポットでもあります。多目的トイレも参道に多く配置されており、車椅子の方や足の不自由な方に優しいスポットです。