バリアフリーが必要なくらい足が不自由で補助が必要な方が、歩くペースを合わせる必要もなく自由気ままに京都観光する方法

バリアフリーが必要なくらい足が不自由で補助が必要な方が、歩くペースを合わせる必要もなく自由気ままに京都観光する方法

日本の文化を代表する京都は老若男女に人気の観光地で、交通の便も整っています。
それでも足が不自由になった高齢者にとっては、移動するだけでも一苦労なのが現状です。

しかしながら補助なく歩けなくなったとしても、旅行を諦める必要はありません。存分に京都を楽しむ方法が実はあるのです。

京都市の特徴

京都市は日本有数の観光名所として非常に交通網が発達しています。路線バスや電車はもちろんの事、レンタサイクルやツアーバスなど交通手段は充実しています。一方で人気過ぎるが故に混雑する事が多く、有名な寺社や名所の大半に厳しい坂道や階段が設置されているのが実情で、補助が必要なくらい足が不自由な方にとっては、到底ゆっくり観光ができる環境とはいえません。しかしそれはあくまでも一般的な観光の仕方を選んだ場合です。実際には車椅子での観光をしている方がたくさんいます。

どうしてそのような方々でも京都観光を楽しめているのかというと、古都だけに高齢者の観光客が多い京都らしく、地元の方々は足が不自由な方の対応に慣れているからです。車椅子の方がどういう時に困るのかを熟知しているため、ホテルスタッフや駅員はもちろん、僧侶までもが車椅子での乗車や移動の補助を度々手伝ってくれる光景が日常的に見られます。中でもタクシー運転手は専門の介助タクシーを利用しなくても大丈夫なくらい、親切なドライバーが多いのです。もちろん完全に彼らの親切心を当てにしてしまうとトラブルの元にもなりかねませんが、他の観光地に比べて車椅子に対する理解度が高い事は間違いありません。

また全ての観光名所が車椅子に対応できているわけではありませんが、数々の名所のバリアフリー化がどんどん進んでおり、益々足が不自由な方でも京都観光しやすくなっていく事でしょう。

京都のバリアフリー観光

数々ある名所の中でも京都御所は車椅子トイレとバリアフリー化が最も進んでいます。平地でも砂利が多いのが京都御所の特色ですが、普通の車椅子では砂利に埋もれてしまうので、進むのに相応の力が必要になります。しかし担当の宮内庁はその点にも万全の態勢を取っており、電動車椅子を貸してくれるサービスがあるのです。他には仁和寺や北野天満宮等でスロープが作られています。金閣寺や二条城なども車椅子で回る事ができますが、砂利道も多いので車椅子を押す人は少々体力が必要です。

嵐山も車椅子での散策にはもってこいの場所です。特に竹林の小道は500m程度の距離なので車椅子での観光にはちょうどいいのではないでしょうか。紅葉の時期であれば、嵯峨野トロッコ列車や叡山電鉄に乗車して、電車に座りながら移り行く景色の変化と紅葉のトンネルをゆったり楽しむのもお勧めだと言われています。また、貸切タクシーを利用するのであれば、先回りして待って貰う事で片道乗車もできるので、時間を有効に使う事ができます。

そして京都は寺社や町並みだけではなく、美術館も有名な施設がたくさんあります。例えば山下清画伯の作品や資料を展示する裸の大将記念館や、遺品展示だけでなくハイテク技術を駆使した美空ひばり館は車椅子対応が万全で、最もゆっくり回りやすい施設です。雨天でも気軽に見学できる所も大きなメリットです。

京都のバリアフリーホテル

京都観光するに当たり、足が不自由な方は観光スポットだけでなく、宿泊地も念入りに調べる必要があります。とはいえ、京都は観光名所だけではく、ホテルもバリアフリー化が進んでいます。バリアフリールームは広めに設計している傾向にあり、身障者用トイレ・エレベーターはもちろんの事、浴槽手すりや浴槽台、浴室用ゴムマットの無料貸し出しサービスも充実している場所が多いです。中には京都駅からの無料送迎を行っている所もあります。玄関の段差が全くなく、入口からお部屋までオールフラットで、通路の幅もしっかり広く確保されている、完全バリアフリー化されたホテルもあります。このようなホテルの大半は駅や名所に近く、アクセス良好です。また、貸切タクシーを利用した旅行であれば、旅行中に体調を崩したとしてもすぐにホテルまで戻り部屋で休む事ができるので、安心して観光を楽しむ事ができます。

足だけではなく、目や耳も不自由な方も中にはいるかもしれません。バリアフリーホテルの中には、筆談・手話で対応してくれるホテルスタッフがいるホテル、関内案内点字表示や敷地内道路の点字ブロックを設置しているホテル、非常時に音声とランプの両方で警報してくれるホテルもあります。京都であれば、ご自身の事情に合ったホテルを必ず見つける事ができます。

貸切タクシーのすすめ

先程から少し、貸切タクシーの利用について触れてきましたが、足が不自由でも自分たちのペースで旅を楽しめる方法は、貸切タクシーを利用する事です。ツアーバスなどでも車椅子の介助をしてくれる会社はありますが、団体行動を取らなければならないため、歩くペースを合わせる必要があります。しかし貸切タクシーならば戻ってくるまで待っていてくれるので、気の済むまで名所を見て回る事ができるのです。特に京都の観光タクシー会社は、車椅子での乗車ができるキャビックタクシーも豊富に取り揃えています。

また同じ運転手がつきっきりでいてくれる事で、こちらの事情や希望を深く理解してくれるようになります。時には体調に合わせてプラン変更を進言してくれたり、ガイドブックに載っていない情報をアドバイスしてくれたりします。何より運転手と仲良くなる事で、地元の人にしか分からない隠れ名所を案内して貰う事ができます。有名な寺社しか回らないという方も、駐車場が満車で入れない混雑ぶりでも貸切タクシーであれば気にせず乗り降りできてしまいます。

貸切タクシーは地下鉄や路線バスと比較すると確かに交通費は高くつきますが、効率の良さは桁違いです。貴重な時間と労力を無駄に浪費する事と自由度を考慮に入れれば費用対効果はむしろ良いため、貸切タクシーは敷居は高くないと言えます。