京都で修学旅行のお土産の定番・お守りのオススメTOP5

京都で修学旅行のお土産の定番・お守りのオススメTOP5

初めて行ったのは、学生時代の修学旅行。当時は神社やお寺を周りながら、なぜそこにソレがあるのか?歴史は?なんてほとんど考えなかった…という方、多いのではないでしょうか。
ただ、歴史がわからなくても京都ってどうしても「トクベツ」。

建物や食事、そこに暮らす人たちを見ているとそこだけ違う時間が流れているようで、タイムスリップだなんて簡単な言葉で片付けられない。ノスタルジックな気持ちになりますよね。どうせ京都に行くなら、可愛くてご利益があるお守りが欲しい!京都にはかつて都があったため、多くの人々を守るという理由もあり神社が多くあります。
様々な神様を祀っている神社がありますが、どうせ行くならばお土産としても可愛いお守りが欲しいですよね。京都の有名な神社から少しマイナーな神社まで、かわいいお守りを紹介します。

お守りって複数持っても大丈夫なの?

複数のお守りを持つことで、神様同士が喧嘩してしまう、ということを聞いたことがあるかもしれませんが、その心配はありません。徳が高い神様ですし、神社によっては複数の神様を境内に祀っているところもあります。

ひとつだけ気をつけた方が良いとすれば、神様にも相性があるので生前に仲があまりよくなかった神様の組み合わせはしない方が良いくらいです。

北野天満宮|勧学守

北野天満宮のお守りの効果は学業上達、受験合格、芸道上達交通安全や病気平癒・健康開運、商売繁盛、厄除け愛成就、良縁成就、安産、金運などです。細かく説明すればスポーツ向上や目的達成業務成就職成就趣味達成などに至るまで実に様々なご利益を頂くことができます。
お守りを頂いて帰ることで神様のご加護を身近で感じることができ日々の生活に大きな安心感を得ることができます。
学業成就を始めとする北野天満宮のお守りは効果が強いと評判が良く参拝客にとても人気があります。

けして粗末にする事なく感謝の気持ちを忘れずに大切にして下さい。きっと持つ人の心強い味方となってくれると思います。

勧学守
こちらは学力向上のお守りで美しい白地の袋に勧学御守の字が刻まれています。
初穂料は700円です。

学業守
このお守りは入試・試験合格のお守りです。水色とピンクを使用した巾着型の可愛らしいお守りでストラップタイプなので携帯するのにもとても便利です。
こちらの初穂料は1,000円となっています。

下鴨神社|姫守り

賀茂建角身命(かもたけつぬみのみこと)と玉依媛命(たまよりひめのみこと)東殿を祀っている下鴨神社の姫守り。ひとつひとつがちりめんで作られているので、同じものが2つと無いシロモノ。女性守護のお守りです。
ちなみに男性用は「彦守り」と言うそう。粋ですね。

境内にある「相生社」のそばにある『連理の賢木』(れんりのさかき)が縁結びで有名。本来違う2本の木が、途中から1本に なっているというもので、縁結びの神のお力で1本に結ばれたとという言い伝えがあります。

御髪神社|櫛のお守り

日本で唯一の「髪の神社」。藤原采女亮政之公 (ふじわらうねめのすけまさゆき)を祀っている神社です。櫛の形をした小ぶりのお守りが可愛らしく、美容師さん・理容師さんがよく買われるのだそう。
神社の周りの玉垣には、そうそうたる髪系の企業の文字があります。

晴明神社|向上守

平安時代中期の天文学者である安倍晴明公をお祀りした神社。「魔除け」「厄除け」の神社です。こちらの「向上守」は営業力、学力を右肩上がりさせるお守り。
男性へのプレゼントにも良いかも。