俵屋旅館 スティーブ・ショブズのお気に入りの旅館に泊まろう

俵屋旅館

創業300余年のこの旅館は京都で最も古い旅館の一つです。

江戸時代から明治にかけ、公家や大名の常宿とされていました。
常に高いサービスを好まれる顧客と接しながら 続いてきた300年間には京の宿の歴史が詰まっています。

Apple創設者故スティーブ・ショブズ自伝 下巻でも、スティーブ・ショブズのお気に入りの旅館として紹介されています。

宿のポリシーを喜び、楽しみ、認めて頂けるお客様が顧客となり、より高いサービスを提供していただけます。
以前、ホテル王と呼ばれる方が利用された時、「俵屋にホテルの原型を見た」と唸ったというエピソードもあるそうです。

実はここは公式HPがありません。
初めて訪れる方は、困惑するかもしれませんが、格式の高い最高級の旅館です。

そんな宿に京都観光した際には、一晩じっくりかけて、おもてなしと味わいをお楽しみください。

お茶の道に「しつらい」「もてなし」「ふるまい」があるように、11代主人 佐藤年さんの宿の主人としての 振る舞いの気持ちを味わわせて頂けます。
主人の目に適った物だけがお客様のために設えられ、 月次の構成、お料理、出入り職人への指示等、すべて自分でなされます。
妥協はされません。
また、石鹸、寝具などアメニティー等も自分が納得するものしかおかれません。

オリジナルで作られていますが、多くの方からの要望に応え、俵屋旅館オリジナルグッズの店「ギャラリー遊形」をオープン。
俵屋での心のこもったおもてなしはまさにジャパニーズサービスです。

「清潔な施設」「おいしい料理」「快適な睡眠」を「よい宿」の条件にあげるこの旅館では 徹底した掃除、吟味された食材、天然素材を使った特注の寝具などでお客様に最高の満足を提供されています。
それを支えるスタッフは皆さん一流です。

本当のもてなしをぜひ味わって下さい。

一度は泊まってみたい京都の俵屋へ

京都の純和風には御三家があり「俵屋」はその中の1軒と言う素晴らしい日本が誇るお宿のひとつ。

石州(島根県)の呉服問屋「俵屋」の京都支店の支配人として赴任した岡崎和助のもてなし上手が買われて、
後に石州藩士の定宿にもなったというのが「俵屋」の始まり。

幕末には、安政の大獄の立役者・長野主膳の定宿になり、公卿さんも頻りに出入りしていたようだ。
明治時代となって東京に遷都が行われると、鷹司、近衛、三条、九条などの京都出身の華族達は里帰りの度に「俵屋」を宿にしたと言う。

その上、長州の毛利氏、水戸徳川公などのお殿様、そして岩倉具視、伊藤博文、木戸孝充、大久保利通などの明治の元勲達が「俵屋」の顧客名簿に名を連ねています。
近年でもレナード・バーンシュタイン、ヒッチコック、アイザックスターン、マーロン・ブランド、某国の国王、アメリカの大統領、日本の有名俳優が、この宿に泊まった著名人の名前も枚挙にいとまがない程です。

京都で最古の宿、300年の由緒ある「俵屋」は、それほど畏れ多い宿です。

料理も器も美しい夕食

皆様が楽しみにしているうちの一つ、それは夕食ですが、お酒は「俵屋」のブランドがあり、ついつい美味しくて飲んでしまいます。
味はもちろん、季節に合わせたそれぞれの器が素晴らしく、拍手してしまうほど。ご飯も香ばしくてとても進みます。

デザートまで、美味しく、美しく、楽しい食事ができ「ご馳走様でした」と心から思える夕食です。

旅館はまさに芸術作品のような感動を味わえます

老舗旅館であるが故に建物は古いですが、お客様の快適性に必要な設備を都度導入し、現代の快適さと伝統ある空間を見事にマッチさせたお宿です。

そして館内は、西洋、東洋の装飾が入り混じり、博物館にあるような美術品が随所に飾られていて、細かな備品には主人のセンスが光ります。
「俵屋旅館」へ一歩足を踏み入れれば、そこは別世界となります。これまで体験したことがないような感動の宿泊をきっと体験できるでしょう。

あなたも一流のお宿で、感動体験をしてみてはいかがですか?

宿泊地情報

俵屋旅館

所在地
〒604-8094 京都府京都市中京区 麩屋町通姉小路上る中白山町278

連絡先
宿泊予約 TEL:075-211-5566