高速バスや新幹線の前に!京都タワーに行こう!

高速バスや新幹線の前に!京都タワーに行こう!

京都の駅近く、その住人や、観光客を温かく迎えてくれる京都タワー。

観光スポットである神社仏閣だけではなく、京都タワーに立ち寄るのもおすすめです。
実は実用的にも使える京都タワーについてお伝えします。
【訪問日:1月8日(日)】


京都タワーには大浴場もある

京都タワーの地下3階には、大浴場があります。
ここは朝7:00から営業しているため、新幹線や夜行バスを利用して観光する前に、または乗車前にすっきりしてから出かけることが出来ます。

・営業時間:7:00~22:00 
・入浴料 :【大人】平日:750円/土日祝:890円【小人(2歳以上小学生以下)】全日:450円
・設備:石けん、シャンプー、リンス、ボディソープ、基礎化粧品、ドライヤー

駅からも近いことで、便利に利用することができますね。


京都タワーの高さの理由

京都タワーは、131メートルあります。
これは、当時の人口が131万人だったことに起因します。

京都タワー以外にも、数字には色々な意味を持たせている建物があります。
例えば、東京スカイツリーは、「ムサシ」からとって634メートルの高さになっています。
京都タワーは、高さ31メートルのビルに100メートルのタワーが乗っている構造の建物です。


京都タワーのレストラン

京都タワー3階に、レストランが入っています。京野菜などがある野菜BARもあります。

心と身体を癒し、満たすをコンセプトとした新しいスタイルのビュッフェレストランだそうです。
今回は訪れることが出来ませんでしたが、内装もお洒落で気になるスポットです。新幹線に乗る前のひと時にも良いですね。


京都タワーの歴史

京都タワーができたのは1964年です。
東海道新幹線が開通、東京オリンピックの開催年の12月28日にタワー展望室が開業しました。

年末という事もあり、開業日から年始にかけての間で、1日約5,000人ものお客様が来たそうです。