京都の名物料理「にしんそば」

京都の名物料理「にしんそば」

にしんそば

「にしんそば」は京都が発祥と言われています。
明治5年(1882年)まで歴史は遡り、古くから愛されている食べ物です。

にしんそばを発案したのは「松葉」2代目の松野与三吉と言われます。
この松葉は、1861年(文久元年)に芝居茶屋として創業したお店です。

この松野与三吉は、京都の人々の大事なタンパク源である「身欠きにしん」をなんとか蕎麦と合わせることはできないかと考え、試行錯誤を重ねた結果「にしんそば」が完成しました。
美味しさと充分な栄養を兼ね備えた「にしんそば」は少しずつ知名度を広げていきました。

ビタミン、ミネラル、タンパク質のバランスの取れた「身欠きにしん」を、古くから健康食材と知られている「蕎麦」と組み合わせることで、さらに総合的に栄養価のバランスが取れた逸品になりました。
お好みでネギなどの薬味をのせることで、好みの味に変えることができます。

関西ならではの、上品で上質なお出汁に、栄養価の高い「蕎麦」と「身欠きにしん」を合わせた味わいはやみつきになること間違いなし。
京都に訪れた際は是非、お食事のコースに入れてみてはいかがでしょうか

駅から遠いところにも美味しい「にしんそば」屋はたくさんあります。
お味にはまったら、お店めぐりをしてみはいかがでしょうか?